「Kinky Boots Haruma Miura Tribute movie」が
2020年10月27日、
キンキーブーツ・ジャパンのYouTubeチャンネルで
公開されました。

これは、ミュージカル「キンキーブーツ」における
三浦春馬さんのパフォーマンスを収録した追悼映像です。

2020年7月18日に流れた
春馬さん急死という悲痛なニュース!

日本だけでなく、
世界中のファンや共演者、友人たちからの
悲しみのメッセージがあふれていました。

世界で活躍する俳優として今後が期待されていただけに、
日本の演劇界は大きな財産を失ったと言われています。

春馬さんの訃報を受けて、
これまで春馬さんと共演などで関わってきた
ハリウッドやブロードウェイで活躍する人たちからも
続々とSNSに追悼のメッセージが投稿されています。

多くの人が悲しみに暮れ、
春馬さん演じるローラに魅了されたファンにより、
『キンキーブーツ』の映像化の署名運動が行なわれ
その署名に6万人以上が賛同しましたが、
完全な形での映像化は実現することができませんでした。

けれど今回、ブロードウェイのチームから
12分のパフォーマンス映像の使用が許諾されたことにより、
ステージ上で輝くローラの姿や関係者のコメントなどが
含まれた約20分の映像が公開されました。

早速見ましたが、温かさにあふれた映像でした。

http://youtu.be/SOK7Ql6x5zM

日本でも『キンキーブーツ』の人気はすさまじく、
2016年に日本で初めて『キンキーブーツ』の公演がスタートし、
2019年に再演されました。

そんな『キンキーブーツ』の日本版で
ドラァグクイーンのローラという難しい役を演じたのが、
俳優の三浦春馬さんだったのです。

「Kinky Boots Haruma Miura Tribute movie」の冒頭で
春馬さんにメッセージを送ったのは、
『キンキーブーツ』の音楽を担当した
大御所シンガーのシンディ・ローパーです。

シンディはこの動画の中で春馬さんのことを追悼し、
次のメッセージを送りました。

「春馬はいつまでも『キンキーブーツ』ファミリーの大切な一員です。
彼のご家族、そして彼が愛した方々へ心よりお悔やみ申しあげます。
春馬はみなさんの心の中で生き続けるでしょう」

シンディ以外にも
振付師兼演出家のジェリー・ミッチェルをはじめ、
音楽のスーパーバイザーであるステファン・オレムス、
振付師のラスティ・モワリーなど、
世界で活躍する人たちがメッセージを送り、
春馬さんがいかに大勢の人から愛されていたか
わかる映像となっています。

 『キンキーブーツ』以外でも、
春馬さんは世界のトップスターと共演する機会が多く、
春馬さんが亡くなった時はエミー賞、グラミー賞、トニー賞など、
エンタメ界の数多くの賞を受賞しているシンシア・エリヴォや
大ヒットドラマ『glee/グリー』にウィル・シュースターとした出演していた
マシュー・モリソンらも追悼コメントを発表していました。

日本だけでなく、アジア各国や
ハリウッドの俳優たちからも愛された三浦春馬さん!
春馬さんは、素晴らしい作品をいくつも残してくれてます。

残された作品の中で永遠に生き続けるでしょう。